キャンプテーマ画像01

いろんなところでギアっていう言葉が出てくるけど調べてみたら道具のことらしいので今後は道具のことをギアと呼んでいく(書いていく)ことにしようと思います。

動画とかホームページとか色々みてみたのですが、その結果以下のような結論になりました。

  • 結局は使ってみないと自分にとって良い点悪い点は分からないのと、自分に必要なギアが分からないのでまずは安いギアで揃える。
  • バーナーのような重要な道具は安かろう危なかろうではまずいと思うので安全性を考慮した商品を選ぶ
  • 最終的には自分がキャンプするにあたり必要な道具だけ残していく

購入した道具

デイリーキャンプを行うために取りあえずご飯は現地で作りたいよねと言うことでこれらをチョイス。

□炊飯や調理するためのギア

ご飯は一人分なので飯盒ではなくメスティンで炊くことにしました。
あとは焚火を楽しむ用途とそこで調理するための用途で一人用の焚火台。
ガスバーナーと固形燃料はちょっとだけ何かしたいのに焚火を使うのはなぁ・・・と言うこともあるだろうからこの二つをチョイス。因みに固形燃料は100均で買うと3つとか更に少量で購入する事ができます!

因みにメスティンは関連のギアでセットになっている事が多いので、これも後から買うだろうと思ったらセットを初めから買っちゃうのもいいかもね。

□炊飯するための補助ギア

そして補助側について。
まず火を使うマナーとして耐熱シートは必須。
そして食べ物とか食器とか地べたに置きたく無いものを置くためのちょっとしたテーブル。
炊飯するときに1合分計る事ができる表示付きのシェラカップ。
バーナパッドはバーナーを使う際に熱を均等に伝えるという意味とメスティンを安定させて置くため。
ステンレスのトレイはミニ焚火台の灰の受け皿用に、こちらは100均でもよさそう。

ついでに言うとシェラカップは食器にもなったり色々重宝するのでこれも何気に必須かなと思います。
あと焚火台には灰受けはあるんだけど念には念ということで使うことにしました。

そして次は

これらを使ってご飯がどのように炊けるか、テスト運用をしてみたいと思います。

キャンプテーマ画像01
最新情報をチェックしよう!