初詣-昼撮影その2

2021年の初詣

形式がかなり変わってしまった初詣

今年はいろんな意味で初詣の形式が変わってしまっていた。
多分、広島に住んで毎年護国神社に初詣に来ている人ならこれだけで異様さが伝わるんじゃないかな。

自分は正直こうなっちゃったかぁ・・・と思ったよ。

初詣-昼撮影その13

今年設けられていた初詣のルール

私が護国神社に行って見たりしったりしたことについて書いてみる。
期間的なものだろうけど今後のための念のため。

参拝は一方通行だった

滞るのを防ぐためだろうか、今年はRCC方面からの一方通行になっていた。

初詣-昼撮影その11
初詣-昼撮影その12

入り口風景も様変わり

今年は手水も出来なくなっていてお参りの手順の流れを考えられた配置になっていた。

手水の場所は隠されていて、去年のお札を預ける場所も敷地外へ。
敷地内ではもうお参りとお札やお守り、おみくじの購入だけになっていた。

初詣-昼撮影その3

お参り時には間隔を開けて

いつもは行列になるところが今年はかなり少なく快適にはなっていた。
初詣出来る期間もかなり長く取られていたから意識的に参拝日をずらしているんだろうなぁ。

2月12日まではお正月の縁起物を授与しているみたいなので焦らなくても大丈夫な様子。

初詣-昼撮影その14

縁起物の鯉やおみくじにも対策が

今年は双鯉の像もしっかりコロナ対策。
おみくじも1箇所に人が集中しないように括り付ける場所はなく全て持ち帰りをお願いされていた。

初詣-昼撮影その7

御神籤やお札の購入は分散して

例年だと入り口や中程、あと出口側に広がって販売されていたものが全て出口に集約され、お神酒も紙コップでの提供になっており出来るだけ人と人が触れないようになっていた。

購入場所にはアルコールも用意されていて商品を受け取る前には必ず消毒。
もうこれもこう言った場面のエチケットの一つになるんだろうなぁ。

初詣-昼撮影その9

まとめ

今後は今まで当たり前だったものが徐々に変わって行く年になるだろうから今まではこうだったから良いんだじゃなくてそれに合わせてこちらも臨機応変に変えていこう。

ただ、今年は徐々に状態が緩和していってくれると良いなぁ。

情報紹介

広島の平和の守り神、広島護国神社の公式ホームページからのお知らせです…

初詣-昼撮影その2
最新情報をチェックしよう!

ブログの最新記事8件